プロフィール

芸名:堅田 喜代実(かただ きよみ)

富山県高岡市生まれ

邦楽好きの祖母の影響で幼少より日本舞踊を習い、高校生になった春、金沢西茶屋街見番にて師匠の堅田喜代に出会い、長唄囃子の小鼓を習い始めました。

日本に唯一専門科がある東京芸術大学音楽部邦楽科に入学し、卒業後は長唄演奏会・日本舞踊公演・録音などの演奏活動と、東京と地元富山にて教室を開いております。

日本の良き伝統文化を絶やさず、楽しさや素晴らしさを後世に伝えて行けるよう、日々精進して参りたいです。

伝統文化や古典芸能というと敷居が高いとかどんな音楽なのか分からないと倦厭されがちですが、私も最初習い始めた時は良く分かっていませんでした。(日本舞踊を習っていたのにお恥ずかしい話です笑)

でも小鼓の音色やリズム、掛け声がカッコイイ!!って思ったんです。

ただこの単純で純粋な気持ちだけでした。

日本の良き音色にぜひみなさんも触れていただきたいです♪

 

 

【プロフィール詳細】

平成9年  堅田喜代師に長唄囃子を師事

平成10年 岡安晃三朗師に長唄、長唄三味線を師事

平成12年 東京芸術大学音楽学部邦楽科入学

平成14年 浄観賞を受賞

平成15年 安宅賞を受賞。皇居内桃華堂にて御前演奏を賜る

平成16年 中学校・高等学校教諭一種免許「音楽」取得

同大学院入学

平成18年 大学院卒業

人間国宝:堅田流三代家元堅田喜三久師に堅田喜代実の名を許される

平成19年4月~平成21年3月 東京芸術大学音楽研究助手勤務

平成21年4月~平成25年3月 学校法人加藤学園暁秀初等学校非常勤講師勤務

 

長唄協会・鼓調会・藍の会・お囃子ライブ 会員

鼓萌の会(こほうのかい)主催

現在、長唄演奏会・日本舞踊会などにおいて活動

東京・富山において教室を開き、歌舞伎囃子の継承に力を入れる


体験教室

PAGE TOP